契約という行為は成人にしか認められていません。そのためカードローンは誰でも作ることが出来るわけではなく、まず20歳以上という年齢制限があります。
次に安定した収入があるかどうかで審査に通る可能性が変わってきます。
学生や専業主婦でもカードローンを作ること自体は可能ですが、大口の契約をすることは難しいでしょう。
http://www.workshop-infine.com
消費者金融は比較的融資に対して積極的で、低所得者でもカードローンを組むことができる可能性が高い金融機関です。
カードローンを組む場合、50万円以上、もしくは他社とこれから契約するカードローンの合計借入額が100万円を超える場合は、年収を証明する書類の提出が必要になります。
消費者金融は総量規制の対象となっています。総量規制は年収の3分の1以上の貸付をできなくし、多重債務に陥る危険を抑えるための仕組みです。
これは1社ではなく対象となっている借入先合計の金額です。銀行でもカードローンを組むことができ、こちらは規制対象外なので大口の契約も可能です。
限度額が大きくなれば年利も低くなり、結果として利息負担が小さくなります。どちらのケースでも契約する場合は在籍確認があります。
在籍確認が取れないと契約することができないので、連絡の取りやすい電話番号で申込をすると良いでしょう。
契約が完了して借入ができるようになると、カードでお金を借りることができるようになります。
契約先によっては無利息期間を設けているところがあります。
借金の額が大きければ大きいほど無利息期間による利息カットは大きい効果を生みます。
上手に利用して負担を減らすと良いでしょう。
一般的にカードローンを利用できるのは毎月一定額以上の収入が見込める人です。
正社員でなくても、パートやアルバイトでもOKです。
ただし銀行の場合は総量規制対象外のため、無職の専業主婦向けの貸付も可能です。
中には申し込みから審査回答まで最短30分前後というところもあります。
WEB完結なら審査通過後に振込キャッシングで当日中にお金を受け取ることができます。
また自動契約機でも即日融資が可能です。いずれの場合も申込み締切時間や土日の取り扱いには注意が必要です。
世間には金融事故を起こしてブラック履歴がある人や生活保護の受給者などを含め、「誰でも借りられるカードローン」や「在籍確認なしのカードローン」 などで勧誘を行う闇金業者も存在します。
無職であっても決してこのような業者に手を出さないよう、くれぐれも注意しましょう。